ビットコインのテクニカル分析 ついに200MAがトレテン!?

       
ビットコインのテクニカル分析 ついに200MAがトレテン!?
公開日:

前回(2018/09/05)のテクニカル分析はこちらからどうぞ
ビットコインのテクニカル分析 買いシグナル「一目均衡表での3役好転!」&200MAに急接近

今回のテクニカル分析は、いつもよりも力が入っています。

このまま大きなマイナス材料が出なければ、10月下旬ごろに200MAがトレテンする可能性を示しており、更にその頃に一目均衡表の雲のねじれが発生している事から、ついに200MAをブレイクしてビットコイン価格は大きな価格の上昇が期待出来る展開になるためです。では、分析に入ります。

ビットコインで有効にワークする200MA

前回のビットコインのテクニカル分析時(2018/9/5)には200MAが856,500円前後でしたが、2018/10/01 現在は800,750円と56,000円下がってきています。また、200MAの角度もややなだらかになっている事が分かります。(少々日があいてしまいましたね)

そして、現在価格は200MAと約5万円の差があります。

前回の200MAの接近時は約3万円の差まで、その前の接近時も約3万円の差まで詰めた後に急落しており、もし200MAにあと3万円まで接近するような事があればショートを試してみるのも手かもしれません。

※後述するように現在は一目均衡表の雲に価格を抑えられる展開が続いているため、当サイトでは、短期的に現在の75万円~76万円前後を天井に最大5万円前後の下げを予想しています。

一目均衡表の雲に価格を抑えられる展開

下記はBTC/JPYの日足チャート、画像の赤線は200MAを示しています。

200MAに抑えられている展開は相変わらずですが、今までのパターンならば77万円~78万円をつけて急落する展開です。

しかし今回は見ての通り、価格の上昇が鈍く、一目均衡表の雲に価格を抑えられる展開が続いており、このまま行くと数日は75万円近辺に停滞するものと思われます。

しかし、その先に雲のねじれ(雲が薄くなって殆ど無くなっている所です)があり、一目均衡表を素直に読み取るならば、この雲のねじれ近辺で上抜ける可能性を示唆しています。

この雲のねじれ(※10月25日プラスマイナス1週間)までの間は、少し価格が上下する展開があるかもしれません。具体的にはこのような動きです。

今日から200日前の3月15日の価格に注目

しかし、ここで問題となるのが200MAです。

ピンクの線で200MAの予想ラインを描いてみましたが、雲のねじれから上昇しようにも固い壁である200MAがすぐ上空に来てしまっていて、上に行けない展開となりそうです。

通常ならば200MAに抑えられる展開となるのですが、今回注目したいのは現在から200日前、3月15日頃のビットコイン価格です。

次のチャートの緑の丸で示したのが、3月15日頃のチャートです。

この3月15日以降、ビットコイン価格は一層下げて4月頃には73万円前後の価格となっており、今の価格とほぼ変わらない位置まで落ちているのです。

これはすなわち、200MAから、100万円を大きく超えていたビットコイン価格の影響が無くなる事を意味します。

つまり200MAの下落の角度が無くなりほぼ水平になるのです。(4月から5月にかけて再び100万円以上の価格を付けているため、完全に水平という訳にはいきませんが)200MAが水平に近い状態であれば現物価格が仮に200MAを上抜けても、価格を維持しやすい状態となります。

まとめ:10月29日近辺のブレイクを夢見て

3月頃に70万円台にまで下落したビットコイン価格は、4月12日に10万円以上の上昇をみせて、その後ビットコイン価格が100万円を超える展開となりました。

この4月12日から200日後が10月29日、つまり先程述べた(※10月25日プラスマイナス1週間)の雲のねじれに見事に合致します。

更に、この近辺がディセンディングトライアングルの終着点です。

すなわち、こういった図となります。(水丸が4月12日と10月29日)

まとめます 10月29日頃には

・200MAはほぼ水平

・一目均衡表の雲にはねじれが発生

・ディセンディングトライアングルの頂点

・100万円を超えたビットコイン価格の影響が200MAから無くなっていく(より水平になっていく)

・200日前の4/12にビットコイン価格は大きく上昇していた

このような状態となります。

この前後でもし好材料が出来るのならばビットコイン価格は200MAをついに上抜ける展開となるでしょう。そして、水平の200MAは上向きになり、今後はサポートラインとして機能するはずです。

もしも何らかの悪材料が出るようならばサポートラインが割れて下に向う展開もありますが、可能性としては上の方が高いので、私は上にベットしていこうと思います。

テクニカル分析カテゴリの最新記事