ビートホールディングスの15%の株を保有するノアコイン、株式の50%取得と会社名の変更を要求

       
ビートホールディングスの15%の株を保有するノアコイン、株式の50%取得と会社名の変更を要求
公開日: 更新日:

 

ビートホールディングスとノアコインの関係の振り返り

関連記事でも指摘していますが、ビートホールディングスとノアコインの関係性を振り返ります。

ノアコインとは仮想通貨の一種です。壮大なプロジェクトをぶち上げて投資家から出資を募ったものの、様々なトラブルから結局、集めたお金は返金をするというトラブルがありました。(2017年7月頃の騒動)

このようなトラブルから仮想通貨トレーダーの間では警戒されていましたが、2018年になって再度プロジェクトが動き始め話題にのぼるようになりました。ノアコインの目的はフィリピンの送金問題、貧困問題の解決の為に誕生した仮想通貨という事です。

しかし、そんなノアコインがなぜか日本の企業であるビートホールディングスの株主に。仮想通貨トレーダーだけでなく、株トレーダーの間でも話題になりました。

ビートホールディングスの社名変更を要求(Noah Coin Global Limitedへ)

ノアコインの株主提案内容がすごい

ノアコインによる買収劇のゆくえは

ノアコインがビートホールディングスへ提案した内容が飛んでもない事になっています。もしこれが実現すれば日本の上場企業がノアコインに買収されるという構図になります。仮に実現してしまうと、東証にICOで資金を集めた会社が上場しているという事となります。

GMOやSBIなど、仮想通貨の取引所を持つような企業は続々と誕生しています。しかし、返金騒動など様々なトラブルが発生していたノアコインが上場するとなるとかなりの話題を集めそうですね。

Noahcoin(ノアコイン)カテゴリの最新記事