仮想通貨のTRIG、バイナンスの上場廃止へ。出金も停止されている中インフルエンサーの対応は

       
仮想通貨のTRIG、バイナンスの上場廃止へ。出金も停止されている中インフルエンサーの対応は
公開日:

上場廃止のアナウンスからバイナンスより出される

※日本語訳

バイナンスは$BCN, $CHAT, $ICN, $TRIGの4つの仮想通貨を上場廃止にします。

そのアナウンスを受け、価格は急落。

 

TRIGは日本でも一時有名になった仮想通貨

有名なインフルエンサーがTRIGを推奨していた事もあり、日本で一気に有名な仮想通貨となりました。

 

TRIGとは

スマートガンをブロックチェーン技術で実装しようという野心的な試みのもと、開発された仮想通貨です。

スマートガンとはあらかじめ登録されたされた個人以外に作動しない銃です。銃の乱射事件など、痛ましい事件が後を絶たない米国を中心に開発が進められているスマートガン。仮想通貨TRIGは、そのスマートガンとブロックチェーン技術を結びつける役目を担うというのがうたい文句ですが、どのように実現するのかが課題となっていました。

主に米国で使用される事が想定されていますが、日本人ホルダーが急増した時には開発責任者のケビン氏が「アリガトウニホンのミナサン」と発言した事もあります。(ホルダーの急増は日本のインフルエンサーの影響が大きかったようです)

しかしこれらは2018年1月~2月頃の過去の発言。実際に一時TRIGが高騰した事もあり、利益を出した方が多いのもまた事実でしょう。しかし仮想通貨バブルが弾けた頃からTRIGを推奨するインフルエンサーはほぼ居なくなります。

現在もTRIGを推奨しているインフルエンサーからは戸惑いの声が

現在もTRIGを推奨しているインフルエンサー「きゅう」氏からは上記のようなコメントが出ています。

バイナンスは世界でも有数の取引所ですから、上場廃止は相当な痛手となるはずです。特にTRIGは、バイナンス以外の取引所では殆ど取引されておらず(coin918という中国の取引所で唯一取り扱いがあるようですね)上場廃止がほぼそのまま、仮想通貨の開発停止に繋がりかねない状態です。

最近は、TRIGの開発状況が芳しくないためか、TRIGを推奨しているインフルエンサーは殆どいなくなっていました。最後まで推奨していたきゅう氏のもとには、Twitterで大量のコメントが寄せられており、対応に苦慮しているようです。

取引所からの出金も停止されておりホルダーは大きな損失か

※なおTRIGが出金出来ないのはかなり前からなので、今回の件とは直接関係はありません。出金出来ない状態で、上場廃止となるとバイナンスに残された通貨がどうなるか分かりませんので、今出来る事はTRIGを売ってBTCなどに替えてしまう事です。

まとめ

バイナンスは詐欺的な行為の撲滅や投資家の保護を目指しており、現在バイナンスに上場している銘柄を順次チェックしているようです。その結果、上場廃止の判断となってしまった事で、バイナンスからNOを突き付けられた格好です。

バイナンスは最近は上場する事も非常に難しい取引所となっています。以前は資金を用意する事で上場の優先度を上げる事が出来るなどという情報が流れていましたが、最近はいくらお金を積んでも上場出来ないようになったようです。

また、バイナンスは手数料を被災地へ寄付したりと、その社会的地位を向上させるために腐心している傾向にあります。今回の決定はその一環でしょう。

今回のように上場廃止となってしまった通貨が今後どのようになってしまうのか、仮想通貨界隈全体が注目する事になると思います。また、このような通貨を積極的に勧めてきたインフルエンサーの対応も問われます。

交換所・取引所カテゴリの最新記事